本文へ移動

健康経営の取り組みについて

 健康経営の基本方針

我社では人が財産であり社員の健康が会社発展と一人ひとりの幸せの基盤である。という考えに基づき「健康経営」を展開しています。

 健康宣言

2017年度から本格的に健康経営の推進を行うにあたり、経営トップの思いを「健康宣言」として表明しました。
  1. 我社の社員一人ひとりが最大の財産です。
  2. 社員一人ひとりの健康は、自身が生涯にわたって幸福であり続けるための基盤であり、我社の発展の基盤でもあります。
  3. 我社では社員一人ひとりが主体的に健康維持増進を図り、会社は安全・健康・快適な職場(環境)の実現を図ります。

重点活動項目

  1. 自らの健康意識の向上
    • 自ら行動を起こして、健康維持増進に取り組むことが重要です。一人ひとりの自律した健康管理を積極的に支援します。
  2. 生活習慣病対策
    • 自らの健康状態を把握することは健康管理の基本です。健康診断の受診を徹底します。
    • 健康的な生活を送るために生活習慣の見直しを行うべく、特定保健指導を強化します。
  3. メンタルヘルス対策
    • こころの不調には早期発見・早期治療が重要です。ストレスチェック等を活用し、早期に気づき、対応します。
    • セルフケア・ラインケアを強化し、こころの不調にならないよう未然防止に取り組みます。
  4. 喫煙対策
    • 喫煙が健康に及ぼす影響は医学的に立証されています。喫煙者には禁煙・減煙に向けた啓発を行います。
    • 喫煙者と非喫煙者が、お互いに気持ちよく働くことのできる環境づくりを推進します。

生活習慣病健診における5年後(2023年度)の目標

〇BMI 25以上の割合:4人に1人以下へ

【BMI異常率の推移】

2017年度
2018年度
2019年度
目標(2023年度)
37.7%
40.6%
34.7%
25%

「健康経営優良法人2020」に認定

社員の健康管理を経営的な視点で考え戦略的に取り組む法人として、経済産業省および日本健康会議より「健康経営優良法人2020」に4年連続で認定されました。 [認定年度:2017-2020]
健康経営優良法人2020
※「健康経営優良法人認定制度」とは
 
従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、保険者と連携しながら戦略的に「健康経営」を実践している企業について表彰する制度です。
健康経営宣言認定書
協会けんぽ 秋田支部

2016年に社員の健康増進について積極的に取り組む「健康経営」を”協会けんぽ”へ宣言致しました。
 
健康経営宣言エントリー事務所は全国健康保険協会 秋田支部のホームページに掲載されています。(県北)
東光コンピュータ・サービス株式会社
017-0044
秋田県大館市御成町4丁目8-74
TEL.0186-49-2944
FAX.0186-49-2576
 
業務内容
・ソフトウェア開発
・LAN・WAN・ネットワークの構築
・オリジナルシステムの構築
・IT講習・委託講習
・ホームページ制作およびサポート
TOPへ戻る