本文へ移動

林業と組合事務の今後

今、森林組合の経営改革が期待されています

森林・林業の再生が国家プロジェクトに位置づけられている今こそ、森林組合の経営力が期待されるときです。
 
「樹海EX Plus」は、財務会計から事業管理まで各部門システムと連携し、組合員管理を中心とした一元管理が行えます。業務の効率化はもちろん、経営活動の指標となる情報をタイムリーに把握し、経営判断に活かすことが可能です。  
 
組合員へ利益を還元し、森林の恩恵を未来へ引き継ぐため、経営改革をめざす森林組合様は、ぜひ導入をご検討ください。
 

森林・林業の再生が国家プロジェクトに

人工林を中心に、日本の森林資源が本格的な収穫期に入っています。
「2020年までに木材自給率50%」を目標に掲げた林野庁の「森林・林業再生プラン」は、「21の国家戦略プロジェクト」の一つに位置づけられました。
森林の機能・役割を保持しつつ、豊富な森林資源を活用して木材の安定供給を実現し、山村の活性化と低炭素社会の構築を図ることが目的です。

それにともない同庁は、個々の森林施業に対して一律に支援する制度を見直し、集約化を推進して計画的・持続的な森林経営を実施する者に直接支援を行う、としています。
公共建築物等への木材利用促進、パルプチップの国産材転換なども進められ、林業にとって大きなビジネスチャンスが到来しています。
 
東光コンピュータ・サービス株式会社
017-0044
秋田県大館市御成町4丁目8-74
TEL.0186-49-2944
FAX.0186-49-2576
 
業務内容
・ソフトウェア開発
・LAN・WAN・ネットワークの構築
・オリジナルシステムの構築
・IT講習・委託講習
・ホームページ制作およびサポート
TOPへ戻る